Vagrant Box化する際に必ずやっておくとこ

 2013-10-18
Vagrant upの際に以下のエラーが、表示されて起動しないことがあります。

ARPCHECK=no /sbin/ifup eth1 2> /dev/null
これはIPアドレスの割当に失敗していることを意味しています。

起動してもifconfigで確認してもネットワークデバイスが正常に起動していない
ことがあります。

こんな時は、IPアドレスやMACアドレスの重複を疑ってみて下さい。
特にMACアドレスが重複していることが多いようです。
これらが重複していると正常な通信ができません。
VirtualBoxのファイルを使いまわす時もこのようなことが起こるようです。

さて本題に戻るのですが、
このようなときは、BOX化する時にMACアドレスが固定化されてしまうことを
防ぐ必要があります。

仮想マシンにログインし、以下のコマンドを実行します。
$sudo ln -s -f /dev/null /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
そしてBOX化してください。

機能を無効化したくない場合は、
/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth○
ファイルを削除後、ネットワークを再起動してみて下さい。

私はこれで3日ハマってしまいました(T_T)

参考
http://www.absolute-keitarou.net/blog/?p=583
スポンサーサイト
タグ : Linux Tips
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yyfor.blog.fc2.com/tb.php/8-a8353da6

≪ トップページへTopに戻る